B-line香椎スタジオブログ

B-line香椎スタジオブログ

ダイエットはバランスが大事!痩せない理由は?

ダイエットはバランスが大事!痩せない理由を解決しよう

年齢を重ねてくると、体にも徐々に変化が現れてきます。

効果的なダイエットをしたい!と思ったときには、

この体の変化に合わせた方法で、正しく行うことが大切です。

ダイエットで悩んでいる女性のため、痩せない理由と

効果的なダイエット方法について解説します。

痩せない仕組みを理解した上で、痩せる習慣を身につけていきましょう!

ダイエットをしても、なかなか痩せない理由3つ

30代後半から40代にかけて、女性の体は少しずつ変化していきます。

肌や髪で、その変化を実感する方は多いことでしょう。

身体の中でも確実に「老化」は進んでいき、

それが「ダイエットをしても、なかなか痩せない」事象を引き起こしている可能性があります。

では具体的に、老化と体重にはどのような関係性があるのでしょうか。

  • 加齢と共に起きる、筋肉量の低下
  • 新陳代謝の低下
  • 女性ホルモンの分泌量低下

これら3つのポイントについて、それぞれわかりやすく紹介していきます。

筋肉量が低下すれば、消費カロリーが減少する!

人間の体の中で、もっともエネルギーを消費するのが「筋肉」です。

筋肉の量が多ければ多いほど、何もしなくても消費されるカロリーが多くなるのです。

女性の場合、加齢と共に筋肉量が低下するケースは少なくありません。

この筋肉量の低下が、「ダイエットをしても痩せない体質」の原因になっていると考えられます。

細胞の老化が引き起こす代謝の低下

女性にとって、古くなった細胞を排出し、新たな細胞を作り出す「新陳代謝」は、非常に重要な働きだと言えます。

傷ついた皮膚や髪を生まれ変わらせてくれるのは、この新陳代謝があるからこそ。

しかし加齢と共に徐々にこの働きは鈍り、結果として皮膚や髪にもトラブルが現れやすくなってしまいます。

代謝の低下は、こうした「目に見える部分」だけに影響を与えるわけではありません。

代謝のステップの中では、やはりエネルギーが使用されます。

代謝が悪くなるということは、「消費カロリーが少なくなる」のと同意なのです。

代謝の低下は、体内の酸化に原因があると言われています。

抗酸化作用のある物質を摂取して、体内からアンチエイジングを目指すのが効果的です。

避けるのが難しい女性ホルモンの低下

40代に入ると、近付いてくるのが「閉経」の瞬間です。

少しずつ女性ホルモンの分泌量が減少し、これも女性の体型を変化させる原因の一つになっています。

女性ホルモンの分泌量が減少すると、皮下脂肪を蓄えやすくなると言われています。

中年になると、「お腹ポッコリ」で悩まされる女性が多いのは、このためです。

女性ホルモンの分泌量をキープし続けるのは、難しいもの。

だからこそ、そのほかのアプローチ方法で、理想の体型を維持しやすくする必要があります。