B-line香椎スタジオブログ

B-line香椎スタジオブログ

涼しくなって過ごしやすいはずなのに・・・だるいのはなぜ?

秋バテしていませんか?

秋バテとは?

夏の暑さもやわらぎ、ようやく涼しくなってきたのにもかかわらず体がだるい、

疲れやすいなどの体の不調が続いている状態をいいます。

原因としては夏の間の冷房や冷たい物の取りすぎにより

自律神経が乱れているところに、

朝夕と日中の寒暖差や長雨などの低気圧の影響が加わることです。

夏バテ・秋バテ対策

① 水分補給を心がける

通常の生活においても、尿や便・汗・呼吸などによって多くの水分が身体から出ていきます。暑い時期は汗をかく分、お茶や水の摂取をより心がけましょう。

夏バテ・秋バテ対策

②適度な運動をする

運動する事のよって自律神経を整えるホルモンが脳から分泌されます。

運動は心の安定させるメンタルコントロールにもとても効果的です。

自立神経を整えるホルモンを分泌させる運動は

ウォーキングや水泳ジョギングなどでは不十分です。

メンタルコントロールに効果的なのは

まさにビーライン香椎スタジオのサーキットトレーニングですね。

 

③ 温度差や身体の冷やし過ぎに注意する

屋外との温度差や体の冷やし過ぎは自律神経の乱れを招きます。

タオルケットを利用する等して身体を冷やさないよう気を付けましょう。

また、冷たい飲み物は胃腸に負担をかけやすく、身体の冷えの元にもなるため注意が必要です。

夏バテ・秋バテ対策

④ 睡眠をしっかりとる

睡眠には心身の疲労を回復させる働きがあります。

夜更かしせず、十分な睡眠をとり、

翌日に疲れを持ちこさないようにしましょう。

ただし、エアコンをかけっぱなしで寝ると

身体を冷やし過ぎ、かえって体調を崩しやすくなります。

タイマー設定を活用し、一晩中かけ続けないようにしましょう。

⑤栄養バランスを心がける

暑い時期はそうめんや冷や麦など

炭水化物にかたよった食事になりやすく、

栄養バランスが崩れがちです。

不足しやすいたんぱく質やビタミン・ミネラルは意識して摂りましょう。

食事のポイント

  • 夏バテ・秋バテ対策たんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品・乳製品など)を毎食、1品は取り入れる。
    豚肉・レバー・大豆・まぐろ・かつお・牛乳などはエネルギーの代謝にかかわるビタミンB1を多く含む、おすすめ食材です。

  • 夏バテ・秋バテ対策ビタミン・ミネラルを摂るために野菜や果物を取り入れる。
    トマト・かぼちゃ・ピーマンなどの緑黄色野菜は特にビタミン・ミネラルが豊富です。

  • 夏バテ・秋バテ対策しょうがやしそなどの香味野菜や、カレー粉などの香辛料を活用して食欲増進!
    冷えたからだをあたためる効果も期待されます。

自律神経を整えるならアロマオイルが効果的

純粋なアロマオイルに限りますが、香りを嗅ぐ事で嗅覚から脳へ伝わり

自律神経のバランスを整える作用があります。

月に一度スタジオイベントをしているアロマトリートメンも効果的!

皮下吸収によりリンパや血液に作用するので自律神経を整えます。