B-line香椎スタジオブログ

B-line香椎スタジオブログ

女性ホルモンによる年代別の健康管理

40代・50代・60代 年代別の健康管理

年齢とともに、体が衰え始めるのは自然なこと。

特に女性は、女性ホルモンの影響で、更年期にはさまざまな変化が起こります。

女性は平均寿命と健康寿命(健康上の問題なく日常生活を送れる期間)の差が

約12年(男性は約9年)。

少しでも長く元気に過ごすためのポイントをご紹介します

180913ken01

40代

「月経不順」「髪や肌の調子が変わってきた…」「不定愁訴」

180913ken02

女性のカラダは、2種類の女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)によって

コントロールされています。

その女性ホルモンは、35歳を過ぎると徐々に減少を始め、

40代に入ると一気に下がり、月経不順をはじめとする体の変化が起こります。

50代

「閉経が近づき調子が悪い」「血圧が高くなった」「目の不調」

180913ken02

日本女性の閉経の平均年齢は50歳。

閉経を挟む前後約10年間は更年期の症状が現れるタイミングです。

精神的にもさまざまなトラブルが起こりやすくなります。

60代

「眠りが浅くなる(中途覚醒)」「骨が弱くなり骨折」「筋肉量の減少」

180913ken02

卵巣から女性ホルモンの分泌がなくなり、

女性ホルモンに守られなくなります。

女性ホルモンは骨の新陳代謝や血液などにもかかわっているので、

骨量が減少し、いつのまにか骨折していることも…。

年齢による体の変化を見逃さず、まずはできることから始めてみましょう。

40代

なんでも相談できるかかりつけ医を見つける

まずは自分の今の状態を客観的に把握すること。

そのためには正しい知識を身に付けることが大切です。

インターネットや書籍でも情報はたくさんありますが、

専門家に相談するのが早道。

人生の伴走者になってくれる婦人科医を見つけましょう。

実行チェック

□ かかりつけ医を見つける
日ごろのちょっとした変化を相談でき、疑問に思うことを解決してくれる、

ホームドクターと呼べる存在を作りましょう。

□ 検診を受ける
国指定のがん検診をはじめ、今の状態を知るためにも検診を受けましょう。

乳がんなど年代によってかかりやすい病気も増えるので、定期的に受診を。

□ 運動習慣をつける動けなくなってから急に始めるのは難しいもの。ウオーキングやストレッチで、少しでも体を動かす習慣をつけて。

□ 食生活の見直し
和食中心で塩分に気をつけた健康食を。

更年期にさしかかるこのタイミングが食生活を見直す最後かもしれません。

50代

周りのサポートを受け、自分の体調を優先して動く

不摂生のツケが本格的に体に現れはじめ、同時にたくさんのことを抱えている大変な時期でもあります。子どものこと、親の介護に加え、仕事をしている人なら責任のある立場で悩むことも…。ムリをせず、家族など周りの人と相談して、何よりも自分の体調を優先しましょう。

実行チェック

□ 血圧を測る
40代以降、血圧は上がってきます。

この世代で血圧の上昇が脳出血に直結するということは少ないのですが、

高血圧の状態は血管にとって大きなダメージに。

動脈硬化疾患を防ぐためにも、血圧を日常的に確認しておきましょう。

□ 血液検査をする
更年期と似たような症状でも、実はリウマチや甲状腺の病気など

自己免疫疾患にかかっていることも…。

自己判断で「これは更年期の症状」と片付けず、きちんと検査を。

□ 必要な薬は取り入れる
ホルモン補充や睡眠導入剤など、言葉の響きで悪いイメージかもしれません。

正しい知識を得て、必要な薬を取り入れるのも、健康で過ごすために大切。

60代

骨の状態をチェックし、筋肉の底上げを

筋肉量の減少は60代後半から一気に加速するそう。

放っておくと、姿勢が悪くなったり、歩くときにつまずくようになったりして、

“気がついたら寝たきり…”になりかねません。

動くことがおっくうになる前に、自分ができる範囲で活動的に過ごしましょう。

実行チェック

□ 骨密度を測る
閉経後から骨密度は急激に下がり、60代では5人に1人が骨粗しょう症になっているといわれます。腰のレントゲンで骨密度を測って状態を確認しましょう。

□ バランスのいい食事
女性ホルモンの守りがなくなってからも若いときと同じような食生活をするのはNG。食べ過ぎをやめ、和食中心にバランスのいい食事を。

□ 活動的に過ごす
日常生活はできるだけ活動的に。質のよい睡眠のためにも適度な運動は必要。

□ 習慣的に昼寝を
年齢とともに不眠に悩む人も増えてきます。十分な睡眠のために、15~30分程度の昼寝の習慣をつけるのもよいでしょう。